七五三参り 考


 七五三なんですよ。自分のものにはなかなか財布の紐が硬いおじいちゃん、おばあちゃんも可愛いお孫さんのためならついつい予算オーバーでも財布の紐が緩んで…。
 最近は写真だけで済ませる方も多いようですが、氏神様のところに成長を祈願しに行くというのをお勧めしたいです。
 現在呉服店の店先には子供用の着物が所狭しと並んでいます、しかも帯締めやら帯揚、半襟に帯、大人用のミニチュアみたいなのばかりだからそりゃかわいいですね、小さくても大人と同じものが全部揃ってるんですから…
 もともとこれらの七五三参りは中世に貴族の間で行われていたもので、地方によっても違うようですが、だいたい子供が二〜三歳(後に五歳や七歳)に達すると子供にはじめて袴をはかせる「袴着」の儀式がありました。また、近年になると貴族は二歳、武家は三歳の子供に白髪になぞらえて糸や綿などを頭に置く髪置きの儀式を行っていました。そして女児の場合は七歳(数え歳)になると、今まで着物に紐を縫い付けて着ていたものに変わって紐を取って帯を締めて着物を着る帯解きの儀式があり、地方によってはこの着物のことを「紐落とし着」なんて呼ぶところもあるようです。
で、変わって民間でも当然のことながら子供の成長を祝う風習というのはあちこちであったようです。子を思う親の気持ちというのは今も昔も変わらないんですね。
 もっとも、特に何歳でやらなくちゃならないというような決まりは無かったんですが、貴族階級の風習が民間にも広まり、また、奇数を陽として尊ぶ中国の影響なども受けて現在の七五三の様な儀式が行われるようになってきました様です。
 もともとは成長の区切りとしてはその子供の誕生日や正月などに行われていましたが、今では11月15日が七五三参りの日と言われています。これは収穫祭としての氏神の祭が11月に行われたこと、旧暦の15日は満月でめでたいこと、七五三を足しあわせた15という数から来たものと言われています。
 とは言え、現代はお父さんもお母さんも忙しくて平日に簡単に休めるような時代でも無くなり11月15日に拘る必要はありません。ですので15日の直近の土日に行くお客様が一番多いと思います。
 大きな神社に行くのであれば神主さんが常駐しておられるので特に予約は必要ないと思いますが、近くの小さい神社にいくのであれば神主さん外出していることもありますので、できれば予約しておいたほうがいいと思います。
 本来は氏神様に成長の報告に行くお参りですので地元の神社に行くのがスジなので「大きいほうがご利益ありそう」と思いながら行くのは間違い。ちなみに大きい有名神社の土日ともなりますと七五三参りの家族で大混雑してご利益が分散される可能性があるのかも?地元の小さい神社でご利益独り占めするのも大いにアリかと思います。
 ところでときどき3歳の女の子の晴れ着に被布じゃなくて帯を締めるいう方がいらっしゃるのですが、上に書いたようにはじめて帯を締めるのは七歳のお参りですから、そう考えると三歳は帯をせずに被布を着るのが
正しいと思ます。
 最後に、子供は足の指の力がないので草履を履かせるとすぐに脱げてしまいます。着物
を着せたら草履の鼻緒の後ろの部分にゴムをひっかけて脱げないようにしてあげると子供がいつの間にやら裸足で歩いてた!なんてことは避けられるかもしれませんね。





posted by うりん子 at | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七福神


 七福神は七にんの神様。
 なんとなく、大黒様は台所…、弁天様は芸能の神様程度の知識しかありませんでした、よくよく調べてみるとインドの神話、仏教、中国や日本の信仰がまざりあった福の神の事で特に布袋様は中国の実在した人物がモデルとか…びっくりです。
 その七福神を元日から七日の間、若しくは十五日までの十五ひまでの間にお参りをして歩く事を七福神巡りといい、福を招く行事として江戸時代に大流行しました、
 現在でも各地で七福神詣でが行われています、東京でも日本橋七福神、深川七福神、谷中七福神、港七福神などが有ります。
 時期は何時でも良い所が多いのですが、元日から十五日に出かけて巡ると御朱印がいただける色紙などの楽しみが有ります、全国に七福神巡りの出来る場所は約80か所です。
 七福神
  毘沙門天 = 戦いの神様、災難除けの力を持ちます、インド生まれ。
  福徳寿 = 福、長寿、財の神、南十字星の化身、中国の実在人物。
  大黒天 = 豊穣の神、台所に祀られる、古代インド生まれ。
  弁財天 = 音楽、学問、芸術の神、インド生まれ。
  寿老寿 = 不老長寿の神、老子の化身、中国生まれ、鹿を連れて居る。
  恵比須神 = 商売繁盛、漁業の神様、日本生まれ。
  布袋尊 = 夫婦円満の神、弥勒菩薩の生まれ変わり、中国の実在人物。
 
posted by うりん子 at | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

節分(節分) 追儺式


 節分(せつぶん/せちぶん)
 立春を1年の始まりと考えれば節分は大晦日に当たります、平安時代の宮中では大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついなん)」の行事が行われました、室町時代以降は豆を蒔いて悪鬼を追い出す行事へと発展し民間にも定着しました。

 雑節の一つ、各節季の始まりの日、立春、立夏、立冬の前日を差します、節分ちは「季節を分ける」との意味もあります。
 江戸時代以降は特に立春毎年2月4日頃の前日、立春の日は太陽の角度により決まるので、毎年節分の日は前後します。
 現在、節分の約祓いは、年男、年女が中心の厄祓いが多い。

posted by うりん子 at | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江戸の歳時 酉の市 あちらこちら2015年


東京の酉の市あちらこちら   一の酉 11月 5日(木)
             二の酉    17日(火)
             三の酉    29日(日)
 
 ◎「新宿・花園神社」露店が約280点並ぶ、一の酉から三の酉の前日祭は夕方より夜中の2時ころま
          で、本祭は昼頃より夜中2時ころまで 
  東京都新宿区新宿5丁目17−3

 ◎「四谷・四谷須賀神社」神社の熊手守りを受けた方、1本に付1回豪華景品付き、開運くじ付き
  東京都新宿区須賀町5番地

 ◎「浅草・鷲神社」 一の酉、二の酉、三の酉共に宵宮祭(11/4・16・28)は午後11:15
          〜、当日(11/5・17・29)はごご1:00〜。
          熊手お守りを最初に求めた方には24金・純金小判と交換。
          いずれの売り場からは秘密、今年は…?。
  東京都台東区千束3丁目18−7

 ◎「浅草・長国寺」御祈祷を終日行って居ます、(午前2:00〜9:00を除く)
          御祈祷後赤飯と煮しめの軽い接待を受けられます。
          一の酉から三の酉まで深夜0時〜翌日深夜0時、特に深夜零時、御開法要後の第一
          回祈願には多くの参詣者が有り、三の酉限定「火除け守り」授与

 ◎「門前中町・富岡八幡宮」「江戸最大の八幡さま」「深川の八幡様」と親しまれている
          露店が立ち並び、神様への「みあかし」として境内に提灯を掲げる。
  東京都江東区富岡1丁目20−3

 ◎「築地・波除け稲荷神社」境内で熊手の縁起物が売り出されます、二の酉まで社務所24時間開催。
  東京都中央区築地6丁目20−37

 ◎「日本橋・松島神社」 松島神社の御利益は何としても商売繁盛、大国様は富と財力の福の神。
 東京都中央区日本橋人形町2丁目15−2

 ◎「渋谷・宮益御嶽神社」珍しい日本狼の狛犬が立つ、午前10時に一番太鼓がうたれる。
  東京都渋谷区渋谷1丁目12−16
 
 ◎「不動前・目黒大鳥神社」11/ 5日 午前7時〜太々神楽、熊手の舞奉納。
              11/17日 午前11時〜江戸消防記念会の木遣り
                     午後7時〜社殿で太々神楽、熊手の舞奉納。
              11/29日 午後7時〜太々神楽、熊手の舞奉納。
 東京都目黒区下目黒3丁目1−2

 ◎「麻布十番・十番稲荷神社」縁起物の熊手、福財布終日授与9:00〜23:00まで。

 ◎「金町・葛西神社」 午前8時から午後23時まで開催。
            11/ 5日 葛西囃子演奏、演芸大会、演芸ライブ
            11/17日 葛西囃子演奏、演芸大会、演芸ライブ
            11/29日 葛西囃子演奏、素人のど自慢大会
 東京都葛西区東金町6丁目10−5

 ◎「新小岩・新小岩厄除香取神社」新小岩お酉様と言われる、酉祀り最後の日には伝統の
            「蟇目の舞」神事の奉納が有ります。
 東京都江戸川区中央4丁目5−3

 ◎「荻窪・天沼八幡宮」 10:00〜22:00まで福升を授与
  東京都杉並区天沼2丁目18−5

 ◎「品川・荏原神社」荏原神社の熊手は開運出世、財幅招来、厄除け、縁結び、交通安全の御利益。
 東京都品川区北品川2丁目30−28 

 ◎「練馬・練馬大鳥神社」招福おかめなどを飾っ「縁起熊手」を授ける露店が沢山出ます。
 東京都練馬区豊玉北5丁目18−14

 ◎「新井・新井天神、北野神社」酉の市各前日11/4・16・28日23:30から式典
            11・5・17・29日の0:00から宵宮。熊手をお求めの方、先着
            100名様に福升進呈、福玉投げは10:00〜23:00.
 東京都中野区新井4丁目14−3

   
posted by うりん子 at | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酉の市 江戸の歳時


 酉の市は、11月の酉の日(十二支)を祭日として、各地の酉の神社や大鳥神社、鷲神社で行われる、江戸時代より続く、開運招福、商売繁盛を願うお祭りです。
 江戸時代、俳人芭蕉の弟子が「春を待つ事のはじめや酉の市」との句を詠んでいる様に、江戸時代より続く年中行事です。
 正月を迎える最初の祭り酉の市は11月の最初の酉の日が「一の酉」が一般に重要視されました、暦では酉は12日おきに巡ってくるため、11月の酉の日は年により二回、三回と有ります、そして「三の酉」が有る年は火事が多いと伝わっています。
 この酉の市での縁起物の代表は縁起熊手でこの縁起熊手で金銀財宝をかき寄せると云われます。

posted by うりん子 at | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

炉開き


 茶人の正月炉開き

 イノシシは陰陽五行せつで水に当たります、そのため火災を逃れるために「亥の月、亥の日より火を使うと安全と云われ」茶の湯では、昔より「亥の日」より、夏しつらえの風炉を仕舞、炉に切り替え「炉開き」を行います、「炉開開き」とは「茶人の正月」と云われ、初夏に摘んで茶壺に寝かせていた新茶を初めて「口切」をして仲間が集い「亥の子餅」を頂きます。
 又、このせつ、冬に向けてのしつらえで火鉢やこたつなどの暖房器具を出します。

 亥の子餅  古代中国では「亥の月、亥の日、亥の刻」に餅を食べれば無病息災で過ごせると云われています。「亥の子餅」は新米にその年に収穫した大豆、小豆、ささげ、ごま、クリ、柿、飴の7種の粉をまぜて作った餅でイノシシの子供のうりん子に似せた色、形をして居ます。

posted by うりん子 at | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亥の子祭り 日本の収穫祭


11月寒くなってきました、この11月は亥の月です。

 亥の子
 亥の子は、十二支の旧暦亥の月10月で亥の日、亥の刻に9時〜11時に田の神様にお供えをしてお祈りをする収穫祭です。起源は中国の無病息災を祈る宮廷儀式「亥子祝」と云われています、多産なイノシシにあやかって子孫繁栄を願う意味も有ります。日本では平安時代に貴族の間に広がり、秋の収穫時でもあり、次第に収穫の祭りとして一般に広がって行きました。
 中国では「亥の月、亥の日、亥の刻に餅を食べれば無病息災に過ごせるといわれる」
お供えには「亥の子餅」は新米にその年に収穫した大豆、小豆、ささげ、ゴマ、クリ、柿、あめの七種の粉を混ぜて餅にする、イノシシのこどものウリ坊の色や形に似せて作られ田の神様にお供えをし無病息災、子孫繁栄を祈願します。
 「亥の子祭り」は西日本を中心に行われており、子供たちがグループで藁鉄砲で土地を打ち土地の邪霊を鎮め、土地の神に豊かな収穫を祈ります。東日本で行われる同じような祭り(収穫祭)は旧暦10月10日「お十夜」の行事が有ります。
posted by うりん子 at | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お彼岸とは…?。お墓のお参りの仕方。


お彼岸にお墓参りを…と思うが。
 お彼岸とは春は3月の春分の日を挟んで前後1週間(彼岸の入りは20日)
      秋は9月の秋分の日を挟んで前後1週間です。
 彼岸にはお寺では、彼岸会と云う法要を行い、死者の供養をします。一般家庭では、お墓参りをし、故人や御先祖を供養するため、親族寄り集まり精進料理で集います。
 お墓参りの仕方
  お寺につくとまずご本堂にご挨拶をしてからお墓のお掃除。
 @ 周囲を掃き清め、雑草を取り除き、お線香などの残りを取り除く。
 A 墓石を洗う、
   ごしごし洗うと墓石を傷めますのでタオルなどで軟らかく洗う、彫刻部分などはハブラシが便利。
 B お花は棘の無いものを、ユリなどの花粉は墓石のシミになるので指で取りのぞく。
 C お墓にお酒を掛ける方も居ますが、墓石が変色するのでお供えをするのであれば缶、瓶のままで。
 D お菓子や果物は懐紙、半紙の上に置く、お参りが終わった後に持ち帰る事(カラスなどが食い荒らす)
 E 水鉢・花筒に新しいお水を。
 F お墓に向かい線香を立てお参りをする。
 G 帰りにはお寺にご挨拶を。(御本堂に向かいご挨拶をする) 
 なんだかんだと云ても、チョットした心掛けで簡単ですよ。 

posted by うりん子 at | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

両国の花火大会


7月の最終土曜日を開催日とする、両国の川開きの日に花火大会をも催す。

DSC03087.JPG

  江戸時代より川施餓鬼と慰霊・悪疫退散の祈願の為、両国の川開きの日に水神祭を実施、その際花火を打ち上げたのが両国花火大会の始まりですが、現在では庶民の夏の娯楽となって居ます。

 両国の花火と云えば「鍵屋」「玉や」と云われる掛け声が有名な2軒の花火屋です、歴史では鍵屋の方が古く、7代目鍵屋の番頭だった人がのれん分けで玉やを構え、その後この2軒が切磋琢磨して江戸花火は華やかに進歩しました、玉やは幕末に失火事故により消滅し、現在は鍵屋は株式会社宗家花火鍵屋として現存しています。 

posted by うりん子 at | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の花火の起源


花火は仏時から始まり、庶民の娯楽へと変化しました。
 花火の起源は徳川家康が慶長18年(1613)にイギリス国王の大使を駿府城で謁見、接待の時に中国人を使って花火を見せたのが始まりとされています。とは言え現在の打ち上げ花火とは違い竹筒から火の粉を噴き出すだけの単純な物だったようです。

 日本の花火大会の歴史は、大飢饉と疫病が流行した享保17年に8代将軍・徳川吉宗が江戸で多くの死者が出たために、大川端(現、隅田川)で催した「川施餓鬼」が始まり、翌18年、幕府は前年に倣い川施餓鬼と慰霊、悪病退散を祈願して、両国の川開きの日に水神祭を実施、その際、花火を打ち上げたのが江戸花火大会のルーツと云われています。

posted by うりん子 at | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

ホスティングとは