七五三参り 考


 七五三なんですよ。自分のものにはなかなか財布の紐が硬いおじいちゃん、おばあちゃんも可愛いお孫さんのためならついつい予算オーバーでも財布の紐が緩んで…。
 最近は写真だけで済ませる方も多いようですが、氏神様のところに成長を祈願しに行くというのをお勧めしたいです。
 現在呉服店の店先には子供用の着物が所狭しと並んでいます、しかも帯締めやら帯揚、半襟に帯、大人用のミニチュアみたいなのばかりだからそりゃかわいいですね、小さくても大人と同じものが全部揃ってるんですから…
 もともとこれらの七五三参りは中世に貴族の間で行われていたもので、地方によっても違うようですが、だいたい子供が二〜三歳(後に五歳や七歳)に達すると子供にはじめて袴をはかせる「袴着」の儀式がありました。また、近年になると貴族は二歳、武家は三歳の子供に白髪になぞらえて糸や綿などを頭に置く髪置きの儀式を行っていました。そして女児の場合は七歳(数え歳)になると、今まで着物に紐を縫い付けて着ていたものに変わって紐を取って帯を締めて着物を着る帯解きの儀式があり、地方によってはこの着物のことを「紐落とし着」なんて呼ぶところもあるようです。
で、変わって民間でも当然のことながら子供の成長を祝う風習というのはあちこちであったようです。子を思う親の気持ちというのは今も昔も変わらないんですね。
 もっとも、特に何歳でやらなくちゃならないというような決まりは無かったんですが、貴族階級の風習が民間にも広まり、また、奇数を陽として尊ぶ中国の影響なども受けて現在の七五三の様な儀式が行われるようになってきました様です。
 もともとは成長の区切りとしてはその子供の誕生日や正月などに行われていましたが、今では11月15日が七五三参りの日と言われています。これは収穫祭としての氏神の祭が11月に行われたこと、旧暦の15日は満月でめでたいこと、七五三を足しあわせた15という数から来たものと言われています。
 とは言え、現代はお父さんもお母さんも忙しくて平日に簡単に休めるような時代でも無くなり11月15日に拘る必要はありません。ですので15日の直近の土日に行くお客様が一番多いと思います。
 大きな神社に行くのであれば神主さんが常駐しておられるので特に予約は必要ないと思いますが、近くの小さい神社にいくのであれば神主さん外出していることもありますので、できれば予約しておいたほうがいいと思います。
 本来は氏神様に成長の報告に行くお参りですので地元の神社に行くのがスジなので「大きいほうがご利益ありそう」と思いながら行くのは間違い。ちなみに大きい有名神社の土日ともなりますと七五三参りの家族で大混雑してご利益が分散される可能性があるのかも?地元の小さい神社でご利益独り占めするのも大いにアリかと思います。
 ところでときどき3歳の女の子の晴れ着に被布じゃなくて帯を締めるいう方がいらっしゃるのですが、上に書いたようにはじめて帯を締めるのは七歳のお参りですから、そう考えると三歳は帯をせずに被布を着るのが
正しいと思ます。
 最後に、子供は足の指の力がないので草履を履かせるとすぐに脱げてしまいます。着物
を着せたら草履の鼻緒の後ろの部分にゴムをひっかけて脱げないようにしてあげると子供がいつの間にやら裸足で歩いてた!なんてことは避けられるかもしれませんね。





posted by うりん子 at | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

ホスティングとは