背守り


 日本では古くから悪いものは背中から入り込むと信じられてきました、背守りは「どうど子供が無事に育ちますように」と云う願と祈りを込めて、産着や子供のきものに押しえや刺繍をしたものです、魔物から子供を守る親の願と愛情のこもった印です。
 背守りの種類はその土地でいろいろですが、背中の中央に白や赤の絹糸で、縁起の良い柄の麻の葉、折り鶴、亀、七宝、梅、桜などを縫い付けたり、縮緬の押絵などを取り付けます。
 「背守り」は明治時代からだんだんときもの離れと共に途切れてしまいましたが、最近、ゆっくりと息を吹き返しつつあります。
 小さいけれど、こどものきののの背に縫い込んだ。周りの大人の願「おまじない」の復活をうれしく感じています。
 この刺繍などをTシャツなどに利用が出来れば楽しいと思います。


posted by うりん子 at | 縁起物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク
   

ホスティングとは