福茶


 お茶にまつわる縁起の良い話は多くあります。

 まずは新茶、四月後半から五月の初旬の八十八夜の頃、お茶の木の一番最初の芽を摘み取ったもので、春の芽生えを待つ冬の間に、しっかりと栄養を蓄えてきた、みずみずしい新芽だけをお茶にしたもので初物、旬の物と言われ苦味の成分の少なく味はほの甘くまろやかです。
 お茶やさんから香ばしい香が漂って…、新茶を飲むと不老長寿とか…?、一年の無病息災とか言われています、成分的にも栄養豊富です。
 福茶とは、新年が明けて一番最初に組みだした水、「若水」で入れるのが「福茶」で元旦に頂くおめでたいお茶です。お茶碗に結んで昆布と梅干しを入れて置き、熱湯を注いでつくのが「福茶」。旧暦では節分がお正月でしたので、豆蒔きの日に福茶を飲む風習の地方によって残って居す。
 福茶に入れる縁起物。 梅、昆布(細く切って結んで置く)、豆(豆に働ける様に)3個入れる。
お茶の出からしの利用法には定番のお掃除のとき畳の上に良く絞った茶殻を蒔いて箒で掃き寄せると細かいほこりなどが綺麗に取り除けます、又、お勧めはガーゼ袋にいれて浴槽に入れると疲れを取り、お肌にもとても良く、縁起の良お茶で手軽で経済的、そして温まる、ぜいたくなお風呂です。 
posted by うりん子 at | 縁起物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク
   

ホスティングとは