扇子


 昔から扇子の事を「末広」と云い、先の方が広がっている形から、末永くいろいろな事が広がって行きますようにと繁栄の願を込めた名前付けました。
 祝儀に扇を贈る風習の始まりは室町時代でした、今でもお祝いことの贈り物としてハレの日に活躍、めでたさを一層引き立ててくれる縁起物です。
 又扇子には飾り扇、儀式扇、舞扇、茶扇、普段使いの仰ぐ扇で涼をとるための夏扇、模様も花火や金魚、波など涼しげな絵、今度は度に様な模様の扇を買おうか…?など楽しむみです。
 扇は持つひとの気持を豊かにしてくれる粋なもの、女性はひじを張らずに優しく柔らかに煽ぐのがお行儀良くみせるコツだそうです、お試しあれ。


posted by うりん子 at | 縁起物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク
   

ホスティングとは