節分(節分) 追儺式


 節分(せつぶん/せちぶん)
 立春を1年の始まりと考えれば節分は大晦日に当たります、平安時代の宮中では大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついなん)」の行事が行われました、室町時代以降は豆を蒔いて悪鬼を追い出す行事へと発展し民間にも定着しました。

 雑節の一つ、各節季の始まりの日、立春、立夏、立冬の前日を差します、節分ちは「季節を分ける」との意味もあります。
 江戸時代以降は特に立春毎年2月4日頃の前日、立春の日は太陽の角度により決まるので、毎年節分の日は前後します。
 現在、節分の約祓いは、年男、年女が中心の厄祓いが多い。

posted by うりん子 at | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク
   

ホスティングとは