酉の市 江戸の歳時


 酉の市は、11月の酉の日(十二支)を祭日として、各地の酉の神社や大鳥神社、鷲神社で行われる、江戸時代より続く、開運招福、商売繁盛を願うお祭りです。
 江戸時代、俳人芭蕉の弟子が「春を待つ事のはじめや酉の市」との句を詠んでいる様に、江戸時代より続く年中行事です。
 正月を迎える最初の祭り酉の市は11月の最初の酉の日が「一の酉」が一般に重要視されました、暦では酉は12日おきに巡ってくるため、11月の酉の日は年により二回、三回と有ります、そして「三の酉」が有る年は火事が多いと伝わっています。
 この酉の市での縁起物の代表は縁起熊手でこの縁起熊手で金銀財宝をかき寄せると云われます。

posted by うりん子 at | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク
   

ホスティングとは