亥の子祭り 日本の収穫祭


11月寒くなってきました、この11月は亥の月です。

 亥の子
 亥の子は、十二支の旧暦亥の月10月で亥の日、亥の刻に9時〜11時に田の神様にお供えをしてお祈りをする収穫祭です。起源は中国の無病息災を祈る宮廷儀式「亥子祝」と云われています、多産なイノシシにあやかって子孫繁栄を願う意味も有ります。日本では平安時代に貴族の間に広がり、秋の収穫時でもあり、次第に収穫の祭りとして一般に広がって行きました。
 中国では「亥の月、亥の日、亥の刻に餅を食べれば無病息災に過ごせるといわれる」
お供えには「亥の子餅」は新米にその年に収穫した大豆、小豆、ささげ、ゴマ、クリ、柿、あめの七種の粉を混ぜて餅にする、イノシシのこどものウリ坊の色や形に似せて作られ田の神様にお供えをし無病息災、子孫繁栄を祈願します。
 「亥の子祭り」は西日本を中心に行われており、子供たちがグループで藁鉄砲で土地を打ち土地の邪霊を鎮め、土地の神に豊かな収穫を祈ります。東日本で行われる同じような祭り(収穫祭)は旧暦10月10日「お十夜」の行事が有ります。
posted by うりん子 at | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク
   

ホスティングとは