お彼岸とは…?。お墓のお参りの仕方。


お彼岸にお墓参りを…と思うが。
 お彼岸とは春は3月の春分の日を挟んで前後1週間(彼岸の入りは20日)
      秋は9月の秋分の日を挟んで前後1週間です。
 彼岸にはお寺では、彼岸会と云う法要を行い、死者の供養をします。一般家庭では、お墓参りをし、故人や御先祖を供養するため、親族寄り集まり精進料理で集います。
 お墓参りの仕方
  お寺につくとまずご本堂にご挨拶をしてからお墓のお掃除。
 @ 周囲を掃き清め、雑草を取り除き、お線香などの残りを取り除く。
 A 墓石を洗う、
   ごしごし洗うと墓石を傷めますのでタオルなどで軟らかく洗う、彫刻部分などはハブラシが便利。
 B お花は棘の無いものを、ユリなどの花粉は墓石のシミになるので指で取りのぞく。
 C お墓にお酒を掛ける方も居ますが、墓石が変色するのでお供えをするのであれば缶、瓶のままで。
 D お菓子や果物は懐紙、半紙の上に置く、お参りが終わった後に持ち帰る事(カラスなどが食い荒らす)
 E 水鉢・花筒に新しいお水を。
 F お墓に向かい線香を立てお参りをする。
 G 帰りにはお寺にご挨拶を。(御本堂に向かいご挨拶をする) 
 なんだかんだと云ても、チョットした心掛けで簡単ですよ。 

posted by うりん子 at | 歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク
   

ホスティングとは