珍味の深海魚 ノロゲンゲ 


 日本海の名物食材 ノロゲンゲは冬の珍味≠ニ云われる深海魚です。初めて見た時は気持ちの悪い魚…という感じでした。

DSC01711.JPG
 

 この魚、昔は底引き編漁に混ざって捕獲されても、そのまま捨てられていたそうで、名前も「下の下(げのげ)」と呼ばれていたそうです。
 旬は冬から春にかけて、白身で柔らかい、汁物や鍋ものの具、唐揚げなどにして食べると云います。プルプルとした食感で一度食べると病みつきになります、そして、写真の様に日干しも最高に美味、お酒には良く合いますよ…、悲しいのは、此のノロゲンゲは富山地方の日本海で主に食べられる魚、なかなかお目に掛れない。
                       
posted by うりん子 at | 日本の味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク
   

ホスティングとは