鳥取の豆腐ちくわ


 豆腐に魚のすり身を加えて蒸した鳥取の食文化

P1090707.JPG
  
 ちくわかなー、豆腐かなー、見た目はちくわ、味は豆腐、あっさりとした大豆の甘みが口の中に広がります。木綿豆腐に魚のすり身を加わえ蒸し上げる「鳥取豆腐、ちくわ」で江戸時代より鳥取に受け継がれてきた伝統食です。

 この豆腐ちくわは生のままちぎって食べます。元々は農家の人達が繁忙期に手軽に食べるため考えられたそうです。
 各地にいろいろ独自の食文化が有り、楽しみです。
 
posted by うりん子 at | 日本の味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク
   

ホスティングとは